FC2ブログ

We Let The Light Go!

リコネクション, リコネクティブ・ヒーリング, BTTUセッション(オリジナル・セッション)等の量子的「変容・進化」を提供しております「ユニヴァース・ハンズ」の日常を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

情報の取説(陰謀論の取り扱い方)

【投稿途中】

スポンサーサイト

PageTop

感情と云うものについて

ゴールデン・ウィークも終盤となり、初夏の訪れか、暑い日もチラホラの今日この頃。
皆様、如何がお過ごしでしょうか?
セラピーやスピリチュアルや精神世界の世界で「感情」と云う言葉や概念が、
僕的に云うと「ちょっと、曖昧じゃ無いか!?」と思う事が、
前々から在ったので、今回は、その辺りの事について書きますね。
===============

感情」と「情感」と「感覚」をよく、混同している方も多いかと思います。
特に、女性の方は、全部を「感情」と一括りにしてしまう、傾向にある方も多いかもしれません。

僕は、それぞれ別の側面もありながら、互いに関係している部分もあると云う前提で記します。


【感情:Emotion】
感情には大きく分けて、2つの側面があります。
●1つは、「喜怒哀楽的なもの」「いわゆる気持ち」。
●もう1つは、「肉体意識と密接している」と云う事。

「喜怒哀楽的なもの」「いわゆる気持ち」は皆さん、ご存知ですよね。
頭に来た、嬉しい、悲しい、楽しい、等々、普段の生活で、感じている事ですよね。

これと、どう、付き合うかは「気分転換」等で殆ど、バランスが取れると思われます!!
頭に来たら、怒れば好いんです。
嬉しければ、それを誰かと分かち合えばいいでしょう。
悲しければ、取りあえず、泣けば好いんです。
楽しければ、自然と、スキップなんかしてみたく成ります。
(ただし、自他共に、過度! に迷惑をかけなければ好いだけです)
他人に過度に向かえば、暴力・殺人・お節介に成ります。
自分に過度に向かえば、病気・自殺・放漫に成ります。

世の中で、他人に迷惑をかけない人は誰も居ません!
「適度な迷惑」は「お互いさま」と云う訳ですね。

「肉体意識と密接している」と云うのは、あまり意識した事が無いかも知れません。

実は「感情」と云うのは、殆どが「肉体意識」に引っ張られているだけだったりします。

例えば、誰かに「殴られたら」痛いですよね。
「肉体」が痛い訳です。しかし、それは「感覚器」が「神経」通おして、
感じて「脳」と「心」がやりとりをしながら、素早く反応して、
「何だ?」「痛い!」「頭に来た!」「この野郎!」と云った「感情」が湧いて来る訳と云うメカニズムです。

勿論「ハート:Heart」が最終的にどうするか、判断するんですけれどね。

「なんだ、当たり前じゃないか」と思うかも知れませんが、意外と、この「メカニズム」を
「意識」していないのが、大抵の人間の在り方です。

相手と殴り合えば「喧嘩」になる訳です。殴り過ぎて死んでしまえば「殺人」になる訳です。
その「程度」がグラデーションしているだけで「殺人」に成らない様に、
「無意識」にも「意識的」にも、手加減しているんですね。

過度に迷惑をかけなければ、壁を殴るでも、海に向かって叫ぶでも、何でも好い訳です。
「殺人」になるよりは遥かにマシです。
「感情=外的からのヴァイヴレーションへの反応」なので「ヴァイヴレーションの変換」をすれば好いだけなんです。

自分の内側に、ヴァイヴレーションが向かう場合もメカニズムは同じですね。
「自殺」にならない程度に、自己卑下している分には好いんです。
逆に「自己卑下してはイケナイ」と思えば思う程、案外、逆の事になってしまったりします。

物事はエントロピー(陰)が極わまれば、ネゲントロピー(陽)に転じますから、
思いっきり、裏びれた酒場で、飲んだくれるのも悪くはないでしょう!
翌日になれば、大抵は「ああ、飲み過ぎで頭がいたい!」と怒りや悲しみのヴァイヴレーションは、二日酔いの頭痛に転換されるでしょうし、酒場で好い人と巡り会って、楽しいエネルギーに転換される可能性だってあり得る訳です。

【情感:Feeling】
「情感」と云うのは「情趣」「感情を通しての趣」の事です。
これらは、芸術作品なんかに頻繁に使われています。
「悲しい」と云う「情感」は「演歌」や「悲劇」等々に成り、
「楽しい・面白い」と云う「情感」は「お笑い」や「喜劇」等々に成り、
皆さん、結構、味わっている筈でしょう。

ここで、感の好い方はお気づきかもしれませんが、
「感情」を結構みなさん「情感」として、楽しんでいる時もある訳てす。
これは「肉体」がある故に「体験」出来得る「証拠」でもあるわけです。


【感覚:Sense】
「感覚」と云うのは「感情」を味わう為の「感覚器」の事を指します。
五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚、その他、約60種類の感覚器があると云われています)
を通してしか、「感情」は味わえないんですね。
第6感以上を感じ取る感覚器が発達して来ると、肉体意識とは別の部分も関わって来るので、ここでは
詳しくは述べません。

「感覚」が無かったら、食べ物も味がしないし、香りもし無いし、面白く無いですよね?
でも、反面、殴られれば痛いし、悲しいかもしれませんが、一見、嫌な事も、
よ~く、考えれば、外界から身を守る為には、必要なんですね。

音楽に例えれば
感覚」→「耳・声・音・楽器、等」
情感」→「聴いて味わう趣、しっとりしてる曲だ、情熱的な音だ、等」
感情」→「聴く事による反応: 心地好い、イライラする、等」
と云った感じでしょうか。

これらは相互に関係しているので、トータルにバランスよく扱えれば、
自分に合った生き方・活き方と付き合えると云う訳です。



次は「感情」と「情感」と「感覚」と、
顕在意識」「潜在意識」「超意識」の関係についてお話し致しますね。

【潜在意識/無意識:Subconsciousness】
「感情」は、実は「潜在意識」と直結しています。
「えっ?」と思う方がいらっしゃると思いますが、明らかに「潜在意識」と関係が深いんです。

「感情」は「肉体意識」と直結していると、先ほど言いました。
と云うことは「感情」=「肉体意識」=「潜在意識」と云えます。

「感情」は「肉体意識」に引っ張られている。
「感情」は「潜在意識」とアクセスしている。

どんなに、鬱病の人でも、悩んでいる人でも、深く寝ている時は、苦悩していませんよね。
よく寝られている時は、「肉体意識」は殆ど無く、それに引っ張られる事も無い訳です。

【顕在意識:Consciousnessと超意識:Superconsciousness】
寝ているときは「意識: 顕在意識」と「潜在意識」の間にあるフタは結構、開いているので、
悪夢も心地の好い夢も、両方見ます。
「顕在意識」は黙っていて「潜在意識」に、頻繁にアクセスしている状態です。

更に「明晰夢」や「予知夢」なんかも見ます。
これは僕的には、「潜在意識」では無く、「超意識」にアクセスしていると云えると思います。

僕が、他のセラピスト違っているのは、「潜在意識」と「超意識」を明確に分けている点です!!!

故に、悪夢の場合は「潜在意識」にアクセスしている場合が殆どで、あまり、情報としては、
当てにならないとも感じます。大抵は、寝具が合わない・温度・湿度が快適で無い、等々、
「肉体意識」に引っ張られていると思われます!

「超意識」にアクセスしている夢は、自分の経験から云うと、情報量が圧倒的に多く、
ストーリーも緻密で、色彩が明快で、情報の精度も高いのが特徴です!

これは「チャネリング」にも同様な特徴があるとも云えます。


【潜在意識を用いないセッション】
「潜在意識」にアクセスしている情報と、「顕在意識」の情報の違いは「理性」の存在の有無です。
「理性」は「潜在意識の邪魔になる」とよく、多くのカウンセラーやセラピストは言いますが、
僕は、そうは思っていません!

ここが、僕が他のセラピストとの、決定的な違いです!
「下手な潜在意識の情報」よりは「理性」や「超意識」の方が遥かに、正確な情報を伝えてくれるからです。


リコネクション」にしろ「BTTUセッション™」にしろ
僕の提供させて頂いているセッションは、一切「感情領域」と云うものを挟みません!!!

その理由は、逆効果だからです!

ナイチン・ゲール症候群」と云うものがあります。
看護師さんが、患者さんとの間で「共依存」関係になる事を指す事です。
(ストックホルム症候群にも似ていますね)
看護師さんの多くの方は「患者さんを何とか助けよう!」と云う「意識」が働くものです。

けれど「患者さんを何とか助けよう!」と云う「意識」が高ければ、高い程、それとは裏腹に、
「患者さんの死亡率」が高くなると云うデータがある位です。
優秀な医師は、この事をよく、熟知している方が多いのも確かです。
優秀な医師は「感情」を手術の最中には、なるべく挟みません(冷静に手術に単に専念するのです)。
(これは、患者さんの家族にも同様な事が云えるんです。だから、無駄な心配は無用なばかりか逆効果な訳なんです)

クライアント様が、どんなに「苦しく、辛い」立場に居ようとも、セッションの時には、
「かわいそう」とか「よくなって欲しい」とか、そういう「感情」は、僕は一切入れません。
一見、冷たい様にも聞こえるかもしれませんが、その方が圧倒的に、セッションの効果も上がるんですね!
(勿論、クライアントさまに寄り添うという事はさせて頂きますよ)
(ユニヴァーサル・カウンセリングの場合は、クライアントさまによって、又、違うケースもありますが)

それは「宇宙」が仕事をしてくれる「余地」を残す為でもある訳なんです。
宇宙」を「信頼:TRUST」すると云うことは、そういう事なのです。

それが「」と捉えています。



(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)
 
感謝!

★The Emotions Best Of My Love Live Midnight Special 1977
https://www.youtube.com/watch?v=N7kQkYyZz2A

★Prefab Sprout - Nightingales
https://www.youtube.com/watch?v=53gY7BjNkpc

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop

太一〜UFOに乗った少年に出会う

お久しぶりの日記ですね。
桜も満開な今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

巷では、消費税8%UPで、何か世の中は色々と変化している模様ですね
(因みに、僕の提供させて頂いているセッション・メニューは、税込みでの対価の価格に、変わりはありません。
今まで通りです)。




僕の事では、茅ヶ崎に行くと、必ず寄っていた、茅ヶ崎駅ビルの
「サニーテラス」と云う洋食屋さんの軽食カウンターが3/31日で閉鎖となったのが寂しいです。
眺めが良くて、1人でちょいと一杯やるのには、空いていて、雰囲気も大好きな空間でした。
sunny terace




3/31日も「寒川神社」にお参り&祈祷に行ってきましたので、帰りに寄って来ました。

「サニーテラス」を初めて訪れたのは2010年の丁度1月の後半頃に初めて寒川神社を訪れ、
祈祷して頂いた時でした。

その直後に「リコネクション」の本やセミナーに、何と無く出会い、
僕の人生も大転換し、
こう言った世界に本格的に足を踏み入れたのを思い出します。

あれから丸4年が経ちました。
早いものですね。



僕は、今月中に引越しをします。
場所は、茅ヶ崎の隣町です。
(抽選が2回も当たったんです!
まあ、そのお話しは、いずれ又)

2010頃は空き地で何も無い街でしたが2年前、
北口駅前に湘南最大のショッピングモールが出来まして、
駅の周辺は様変わりしました。

僕は、海の側に引っ越す予定です。海まで歩いて5分と云う場所です。
僕の場合は、東京都大田区大森と云う海に近い街で育ったせいか、
海に行くと気分転換&エネルギー転換が出来て、元気になるので、
歩いて海に行けると云うのは、好都合です。



話しを元に戻すと、3/31に茅ヶ崎で降りて、何気無く、
駅の南口へ出ました(南口はあまり発展してい無いので、海に行く以外はそれ程、降りないんです)。
駅の南口は工事中で「この風景も無くなるなぁ〜」と思って写真を撮り、何の変哲もない本屋へ入りました。

ふと、何処かで見た事のある、
烏帽子岩のカバー・イラストの表紙に目が行く。
太一〜UFOに乗った少年』というタイトルが印象的である。
「面白そう!」と、直感的に感じ即購入する。

もう一度、駅ビルのベンチで速読すると、本の終わりの解説を知っている方が書いていたので、その方に電話してみた。
スピリチュアル評論家で有名なテディこと小泉義仁さんである。
電話越しに「そうなんですよ、初めて解説を書いたんですよ。ちょうど、作者の方の放送を明後日に予定しているので、良かったらTVを観に来て下さい」と仰る。




更に、昨年、僕の「BTTUセッション」を受けに来られたセラピストの望月クララさんからの会のお知らせの様なものの中で、そのカバー・イラストを観たのを思い出し、望月さんにも電話する。
「作者の方は今バリ島で瞑想をしている筈ですが」と返答があった。

「サニーテラス」での最後の晩餐を取り、その日は帰宅した。

翌日、熟読してみる。
いや!これが、凄く面白い‼!
僕は、普段、小説は、殆ど読まないクチなのだが、久々のヒットであった!
(「テンペスト」以来かな )

「茅ヶ崎に住む小学生4人と瞑想をする老人がUFOに遭遇する」と云うファンタジー小説なのだが、
奥が深い内容と奇抜な展開にビックリした。
現代の地球が抱える問題を解決するヒントが純粋で透明感溢れるトーンを通して伝わって来る。
然も解りやすく。
小学生の頃読んだ「佐藤さとる」の物語や、
SF小説の名作であるロバート・A・ハインラインの「夏への扉」の様な爽やかな読後感があると感じられた。

読み終えると、暫く、深い感動に包まれ「地球意識」との共鳴泣で涙が頬を伝って流れた。

その翌日、解説者の小泉義仁さんの
スピリチュアルTV」の放送を、
久しぶりにリアルタイムで観た。

著者の宝生 明さんのバリ島からの生中継でした。
回線が途切れ途切れになってしまったが、
翌日には、小泉さんの編集作業で繋がったものになっていた。

読み終えた本を、母親が珍しく読みたいと云うので、貸してあげた。

2011年から続く、宇宙的・地球的変化を生きる我々人類の「進化」は、今年に入っていよいよ佳境を迎えていると、
日々、ヒシヒシと感じます。

そんな時代にピッタリな物語がピッタリなタイミングで「情報」として入って来たと、
シンクロニシティーを改めて感じた桜舞う春の数日でありました。



★太一〜UFOに乗った少年(公式サイト)
http://www.taichiufo.com/

★バリ島から スピリチュアル冒険小説の太一の 宝生明さんインタビュー
http://youtu.be/Wg90eDVAdyU


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop

セルフ・ヒプノセラピー体験

先日の、3/1(土)に、友人のヒプノセラピストの根本恵理子さんの、
「セルフ・ヒプノセラピー講座」
に行って来ました。



根本さんには、2011年にSNS上では出会っていましたし、
実際に、2012年のお正月に、とある方の新年会でお会いしてもいました。
それから、2年間位、彼女はセルフ・ヒプノセラピーの講座を始めて、毎月開催されていました。
2012年に友人と参加の予定がタイミングが中々合わず、お会い出来ていませんでしたが、
久しぶりに、お会い出来たと云う訳でした。

実は、当日も雨が降っており、
行くか否かは、最後まで、決定と云う訳では無かったんですが、
その日に見た夢に根本さんの師匠と云うか先生にあたる方が出て来まして、
それが、やたらリアルだったので(笑)
「ああ〜、これは行く運びなのね!」と思い、参加する運びとなった訳でした。

その時の、実際の誘導によってのワークの体験をシェア致します!



【体験談】
根本さんの誘導後、

濃い霧を抜けると、樹のシルエットが見えてくる。
そのシルエットは、濃くモノトーンの様だ。どうやら針葉樹林の森と云うか林であろうか。平地である。
午後3時以降の感じの太陽も見える。空は、薄ら寒い感じである。

地面はチラホラとまばらに、
草が生えている。鮮やかなグリーンでは無く、枯れている所もあり、やや秋〜冬なのか、それとも、寒い場所なのだろうか。
ヨーロッパの何処かであろうか。

足元をみると、バック・スキンで出来た皮のアイヴォリー色の靴の様なものを履いている様だ。
足元から上に視点を移すと、やはりバック・スキンの同じ色のスカート、上半身は肩当ての様なものが左右両方にあるバック・スキンの同様の素材と色の服装を着ている。

顔を観ると、20歳代初頭の女性である。顔立ちは西洋人だが、やや小麦粉色に日焼けしているのか、夕方だから、暗く見えるのかは不明である。端正で凛としているが、内にパッショネイトなものもやや感じる。けれど、冷静な佇まいである。
頭に、紺色っぽい色のバンダナだかハチマキの様なものをしていて、髪は栗色かブルーネットであろうか。

腕〜手に視覚を移すと、
細い1本のイネだか麦だかの植物を持っている。何に使うのかは不明である。

パッ!と「4C」の数字が出てくる。意味は不明である。

ふっ!と、一瞬だが、好い香りがする。花の様なお香の、香りみたいな感じだ。

彼女の廻りを観ると、距離を置いて群衆と云うか、大勢の人々らしき存在達が取り囲んでいる模様。
その人々が彼女の敵なのか味方なのか仲間なのかは、不明である。
その群衆の更に背後に、針葉樹林が見える。

場面が変わる!

温かい場所である。
向こうに、小高いがやや尖った岩山らしきものが見える。
その麓には椰子の樹だかソテツの様な植物が茂っている。

急に、海の波がザバーン!
とうねっている場面が出てくる。
水面〜水中へと波がウェーブしている感じである。
水面から女性の顔が現れる。
20代〜30代位の、ブロンドの白人系の女性であるらしい。海の波、宜しく、髪がウェーブして緩やか且つ優美にうねっている。
顔だちも、優美な佇まいである。
溺れている訳では無く、海と戯れて優美にさえ感じられる。
服装は上半身の肩〜胸の辺りまでしか見えないが、薄く白い柔らかい素材の服で、シワと云うかドレープが綺麗である。
パッ!と「アフロディーテ」と云う響きが出てくる。
彼女の名前か何かだろうか⁉

(ここで時間切れとなる)

僕は、絵を描けるので、その直後、ディテールは、パパッと、
スケッチしまましたのでそれもご参考に!

僕は、実は、2009年に、とある所で「ヒプノセラピー」は、1回受けた事がありました。
その時は、イマイチ、ピンと来なくて、そこのメニューに「リコネクション」もあって、
それが「リコネクション」を初めて、知るきっかけになったのではあったのです!

あれから5年、こういう世界の勉強を、色々やって来て、
再度、ヒプノセラピーの体験をし、メカニズムを再確認出来たので、
結果オーライでありました。


☆前世療法PADOMA
http://www.padoma-therapy.com

☆私の前世療法
http://ameblo.jp/eribow711/entry-11794434382.html


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop

3・11:あれから3年



あれから、まる3年が経ちましたね。

人類として
大変な事が起こったけれども、
あの時から、
日本人、否、
地球人としての、我々には、
どれだけの大きな
「意識のシフト」が起こったか知れません。

パラレル・ワールド的にも、
どんどん、細かく分岐して加速していますよね。

人類の歴史として、我々は、
この「跳躍」を、決して、
無駄には済まさないでしょう。

被災地の復興は、未だ、
ままならい状況ですが、
我々を取り巻く世界の変容振りは、
劇的なものであり、
物質至上主義の限界を、
痛切に感じさせられた事も
又、事実である。

被災地の復興を願ってやまない。

いろいろな事に気づかせてくれてありがとう。

我々、人類の「進化」は続く!



(最後までお読み下さりありがとうございます。)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。