FC2ブログ

We Let The Light Go!

リコネクション, リコネクティブ・ヒーリング, BTTUセッション(オリジナル・セッション)等の量子的「変容・進化」を提供しております「ユニヴァース・ハンズ」の日常を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セルフ・ヒプノセラピー体験

先日の、3/1(土)に、友人のヒプノセラピストの根本恵理子さんの、
「セルフ・ヒプノセラピー講座」
に行って来ました。



根本さんには、2011年にSNS上では出会っていましたし、
実際に、2012年のお正月に、とある方の新年会でお会いしてもいました。
それから、2年間位、彼女はセルフ・ヒプノセラピーの講座を始めて、毎月開催されていました。
2012年に友人と参加の予定がタイミングが中々合わず、お会い出来ていませんでしたが、
久しぶりに、お会い出来たと云う訳でした。

実は、当日も雨が降っており、
行くか否かは、最後まで、決定と云う訳では無かったんですが、
その日に見た夢に根本さんの師匠と云うか先生にあたる方が出て来まして、
それが、やたらリアルだったので(笑)
「ああ〜、これは行く運びなのね!」と思い、参加する運びとなった訳でした。

その時の、実際の誘導によってのワークの体験をシェア致します!



【体験談】
根本さんの誘導後、

濃い霧を抜けると、樹のシルエットが見えてくる。
そのシルエットは、濃くモノトーンの様だ。どうやら針葉樹林の森と云うか林であろうか。平地である。
午後3時以降の感じの太陽も見える。空は、薄ら寒い感じである。

地面はチラホラとまばらに、
草が生えている。鮮やかなグリーンでは無く、枯れている所もあり、やや秋〜冬なのか、それとも、寒い場所なのだろうか。
ヨーロッパの何処かであろうか。

足元をみると、バック・スキンで出来た皮のアイヴォリー色の靴の様なものを履いている様だ。
足元から上に視点を移すと、やはりバック・スキンの同じ色のスカート、上半身は肩当ての様なものが左右両方にあるバック・スキンの同様の素材と色の服装を着ている。

顔を観ると、20歳代初頭の女性である。顔立ちは西洋人だが、やや小麦粉色に日焼けしているのか、夕方だから、暗く見えるのかは不明である。端正で凛としているが、内にパッショネイトなものもやや感じる。けれど、冷静な佇まいである。
頭に、紺色っぽい色のバンダナだかハチマキの様なものをしていて、髪は栗色かブルーネットであろうか。

腕〜手に視覚を移すと、
細い1本のイネだか麦だかの植物を持っている。何に使うのかは不明である。

パッ!と「4C」の数字が出てくる。意味は不明である。

ふっ!と、一瞬だが、好い香りがする。花の様なお香の、香りみたいな感じだ。

彼女の廻りを観ると、距離を置いて群衆と云うか、大勢の人々らしき存在達が取り囲んでいる模様。
その人々が彼女の敵なのか味方なのか仲間なのかは、不明である。
その群衆の更に背後に、針葉樹林が見える。

場面が変わる!

温かい場所である。
向こうに、小高いがやや尖った岩山らしきものが見える。
その麓には椰子の樹だかソテツの様な植物が茂っている。

急に、海の波がザバーン!
とうねっている場面が出てくる。
水面〜水中へと波がウェーブしている感じである。
水面から女性の顔が現れる。
20代〜30代位の、ブロンドの白人系の女性であるらしい。海の波、宜しく、髪がウェーブして緩やか且つ優美にうねっている。
顔だちも、優美な佇まいである。
溺れている訳では無く、海と戯れて優美にさえ感じられる。
服装は上半身の肩〜胸の辺りまでしか見えないが、薄く白い柔らかい素材の服で、シワと云うかドレープが綺麗である。
パッ!と「アフロディーテ」と云う響きが出てくる。
彼女の名前か何かだろうか⁉

(ここで時間切れとなる)

僕は、絵を描けるので、その直後、ディテールは、パパッと、
スケッチしまましたのでそれもご参考に!

僕は、実は、2009年に、とある所で「ヒプノセラピー」は、1回受けた事がありました。
その時は、イマイチ、ピンと来なくて、そこのメニューに「リコネクション」もあって、
それが「リコネクション」を初めて、知るきっかけになったのではあったのです!

あれから5年、こういう世界の勉強を、色々やって来て、
再度、ヒプノセラピーの体験をし、メカニズムを再確認出来たので、
結果オーライでありました。


☆前世療法PADOMA
http://www.padoma-therapy.com

☆私の前世療法
http://ameblo.jp/eribow711/entry-11794434382.html


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

スポンサーサイト

PageTop

浅草を味わう



いよいよ、4月に突入しましたね。
今日は「四月バカ」「April Fool」「Poisson D'avril(仏)」ですね。
桜は満開の関東地方ですが「花冷え」で、春本番までは、もう一息と云う感じでしょうか。


浅草へ
3/29日には、1年振りに浅草へ行って参りました。
私のセラピスト仲間の、玄花(ヒョンファ)さんと云うセラピストの企画での
お花見&観光でした。

男女会わせて、数名で参加して来ました。

「花曇り」な天候でしたが、色々と、楽しかったです。

そう云えば、玄花さんと初めてお会いしたのも、昨年の1月の浅草でしたから、
もう1年強のお付き合いになりますね。

僕が、リコネクションなど、割と西欧的な(!?)セラピーを提供しているのに比べ、
彼女は、陰陽五行、四柱推命、道教的な事、等、東洋的なセラピーや占いを得意としています。

なので、
浅草寺の天井の「天女」を、外人さんのツアー・コンダクターの人が、
「これはエンジェルです」と説明しているのを、私が耳にして「エンジェルって云うみたいだよ」
と云うと、彼女は「今日は"和"で行こう!」と云われる始末(笑)


しかし、曇っているとは云え、桜は満開で、今年は「お花見」が出来ました!

「花屋敷」のそばに、
「ヒーラー養成講座認定店」と云う垂れ幕のかかった、怪しい店を発見!!
奥には、キンキラきんの大黒様が鎮座していて、怪しさ倍増(笑)!




煮込み〜神谷バー
皆さんで、レストランで、お昼を食べて、別れた後、
友人の男性と「浅草観光センター」なる建物へ入り、8Fへ。
「こんな建物去年あったけぇ〜?」と中へ入る。
えらい、絶景で、東京スカイツリーや、隅田川、仲店通りなんかが、一望出来る!
「ほう、こんな観え方もあるんだなぁ〜」と面白がって来ました。



「昼から、一杯やりますかぁ〜!」となり、
浅草六区周辺で「煮込みとホッピー」でカンパ〜イ!!
昼呑みしてましたぁ〜(笑)

かつて、ビートたけしさん何かが、下積み時代に通っていた店など、
「煮込み屋」がずらりと並んでいる。
ちょっと、客引きがウルサくて、引いてしまう方は、引いてしまうが、
直感を頼りに、と或る店に入る。

初めて知ったのですが「黒ホッピー」なるものも初めて、試す。
黒ビールやスタウトとも違う。
「何〜んだ、ホッピーって、一番シンプルなノンカロリー・ビールみたいなものじゃん!」
と感じる。
まぁ、これを「焼酎」で割って飲むんですが、
1本のホッピーで、焼酎を数杯お代わりする「強者」もいるらしいと、
店の女将さんが、教えてくれました。
最近は、スーパーなんぞで「煮込み」を売っていたりしますが、
やはり、本場の「煮込み」は格別!!
「ホッピー」との相性も抜群!!


しかし、寒くなって来たので、露天で飲むのは、ちと寒過ぎて、
その後「神谷バー」へ移る。
もう、十年以上振りくらいである。
「デンキ・ブラン」「電気ブラン〈オールド〉」と2種類あるのとは、知らなかった。
両方頼んで、飲み比べてみる。
どちらも、ビリビリと舌にシビレル味わい、は変わらないが、辛口なのは、
「電気ブラン〈オールド〉」の方だったかな!?



味わうと云う事
色々と、知らない事、未知な物事、を経験・体験するのが、
やはり、一番、面白いし、ワクワクしますよね
(経験する前は、恐さもあるでしょうが)。

我々人間は、3次元のこの地球に、色々な体験をしに来る為に生まれて来たくて、居るので、
どんどん、未知なるものを味わいましょう!

「行った事の無い場所へ行き、会った事の無い人と会い、食べた事の無いものを食べ、
やった事の無い事を経験する」

そうすると、狭い自分の世界と云うものが認識でき、
もっと、広い視野で物事が観えてくることでしょう!

私も、イギリスに半年居た事があり、楽しい事も、苦しい事も両方ありましたが、
ああいう体験が、あったから、色んな事に気づけたし、成長出来たのだと、今では思っています。

人生は「急がば廻れ!」ですね。
無駄な事なんか、1つとして無いんでしょうからね。
せっかく、生まれて来たのだから、じっくり、人生を味わいましょう!!!

観光と云う事
「観光」と云うと、「観光地へ行く事」と殆どの方が思っていると思いますが、
「観光」とは「光を観に行く」こと、なんですね!!!

まぁ、所謂、今で云うところの「パワー・スポット巡り」なんかも、同義ではあるでしょう。

これは、つまり、実際に、行った事の無い場所へ触れてみて、
そこの「光: 波動」を感じに行くと云う事なんですね。
昔の人が「お伊勢参り」に行ったり、「巡礼の旅」をしたり、と云うのが「観光」の元なんですね。

YMOの細野晴臣さんが、昔、中沢新一さんと、共著で「」と云う本を出していて、
高校生の頃に、僕も読んでみたりしました。

でも、実際に、そこへ行ってみるのと、本を読んでみるのとは、全然、違いますよね。
「観光」の本質は「実体験」にあると云う訳ですね。

これも「体験・経験」と云うお話しと繋がりますね。

我々、人間は、この地球に「観光」に来ている様なものなんでしょうね(笑)



今日は「四月ばか」なので、この曲をどうぞ!
★POISSON D'AVRIL -四月の魚- / 高橋幸宏
http://www.youtube.com/watch?v=knojf1neSwc

★The April Fools - Yukihiro Takahashi
http://youtu.be/lxENcfpPqBo

(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。