FC2ブログ

We Let The Light Go!

リコネクション, リコネクティブ・ヒーリング, BTTUセッション(オリジナル・セッション)等の量子的「変容・進化」を提供しております「ユニヴァース・ハンズ」の日常を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グレゴリー・サリバンの高次元へ向かうホログラムワークセミナー



えーっ、いよいよ、ゴールデン・ウィークに突入致しましたね。
皆さんは、如何、お過ごしでしょうか?

映画シリウス・予告編
何気に、Facebookにログ・インしたら「ポン! 」とSIRIUS:シリウスと云うこれから、公開される「ドキュメンタリー映画」の予告編に出会いました。

それで、その動画をYouTubeで観ると、UP元が、JCETIとなっていました。
JCETIとは、グレゴリー・サリバンさんと云う、ワンダラー(宇宙人として生まれた存在)の方がやっている団体で、
「UFO ディスクロージャー・プロジェクト」で有名な「スティーブン・グリア博士」の「CSETI:地球外生命体センター」
の日本支部的な役割をしている団体です。
グリア博士のと違うところは
「総てのETIが地球人にとって好い存在ばかりでは無く、たまに、変なものも居ます」
と云う部分だそうです。

僕が2011年11月11日に、この団体でやっているCE-5:第5種接近遭遇と云う
ETI : 地球外知的生命体とコンタクトするツアーに行って以来ですから1年半以来でした。

映画『SIRIUS:シリウス』は、
このゴールデン・ウィーク中に、$9.99(日本円約¥1,000)で、インター・ネット上で観れます。
DVDの日本語版は、6月に発売予定です。

去年、上映、配信され始めた、ドキュメンタリー映画THRIVE:スライブと同様に、自主上映会や、ネット配信や、自主的な配布、等々で、
伝えていくものなので、皆さんも、是非、観てみて下さい。

僕は、決して「陰謀論」が好きな訳でも、「陰謀論」に振り回されたい訳でも無いんですが、
一応、1つの現実として、知っておきたいタイプですし、
「X-File」を1990年代に夢中になって、レンタルVIDEO屋で借りまくっていたのが、
今頃、何となく、解って来ました(笑)。

★JCETI(日本地球外生命体センター)
http://jceti.org/

伏線
それで、直ぐに、JCETIのサイトに飛び、イベント・スケジュールを観ていると、
2013年4月27日(土)東京都ヒカルランドパーク
本出版パーティーとホログラムワーク VOL3

と云うのに出会いました。
「えっ~、今週末かぁ! 明後日じゃん!?」と、木曜日だったので、「後、2日しかないけれど…」と、
「ヒカルランド」のページへ飛び、予約を申し込んで、ホテルの予約を、一気にしてしまう。

未だ、この新しい本の存在すら知らなかったし、VOL3とあるので、VOL1~2も受けていない状態でした。
月曜日に近所の本屋さんで、何気なく、別の「フリー・エネルギー」系の本を買って読んでいて、
それが同じ出版社の本で、その中にセミナー関連の小冊子が入っていて、VOL1~2の告知もありましたが、
既に、終了していました(恐らく、そういう段取りなんでしょう!)。
 今思えば、そういう、伏線もありましたが、週末は、友人のLIVEへ行くか、瞑想会に行く予定が、
予定は変更されたと云う訳です。
(どのパラレル・リアリティーを選んでもOKなんですがね、宇宙に変更された様です、笑)

インスピレーションで動いていると、こういう風に、ポンポン!と、物事が進みます!

書籍は、ものにもよりますが、僕は、取捨選択して、選んで読んでいます。
何でも、かんでも、読んでいると、お金もかかりますし、本の中身も、鵜呑みにしている
訳では無く、そこは、インスピレーションで選んでいます。

グレゴリー・サリバンさんと再会
それで、前日の金曜日に、クライアントさんのセッションが終わった後に、
外出して、東京は平河町のホテルへチェック・インし前泊する。
東京に行く機会が、最近、多いのですが、割と早めの時間に、翌日に何か、ある場合、
遠いので、ホテルに泊まるのが、私の常である(遅刻するからね、笑)。

そして、当日、新宿区のと或る場所へ赴く。
立て看板があったので、7Fへ。

会場に着くと、30~40人くらいの方々が居る。
最近、大~中規模のセミナーは、全くと云っていい程、行っていなかったので、かなり久し振りである。

13:00頃から、グレゴリー・サリバンさんが登場し、
グレゴリー・サリバンの高次元へ向かうホログラムワークセミナーが始まる。



一応、JCETIのサイトには、
第3回のホログラムワークの内容(4月27日)
◎ 細胞レベルでテレパシーの学習
◎ ライトワーカーの役割を果たす方法
◎ 思考パッターンの修正ワーク
◎ 高次元ガイドとの同調ワーク
◎ 高次元意識の開くトレーニング
◎ 個人でETコンタクトを行う方法の学習
と、記述がありましたが、

2011年より、内容は、最新情報も含めて、グレード・アップしており、
2年前の「CE-5」の時の、内容も一部、踏まえつつの「CE-5」の最新情報、
映画『SIRIUS:シリウス』の情報や上映会の告知、フリー・エネルギー関連、
関東やロシアの隕石に関する情報、ボストン・マラソン関連の情報、
四川での地震情報、ちょっと前に「笑っていいとも!」にグレゴリーさんが出演した情報(僕は、観ていないので、知りませんでした、笑)、
プレアデス→シリウスへの移行情報、
ジェームス・ジリランドとスティーブン・グリア博士の(ETIコンタクティーとしてのレベルの高さについての)お話し、
等々、沢山の、てんこ盛りの内容でした。

もう、情報を書き留めるには、スピードが速くて、身体全体を通して、体感・記憶するしか無い感じでした(脳みそと手が追いついていかない、笑)。

ワーク的には、リモート・ビューイングや、様々な手法を使って、やりました。
色々な、ワークが入っていましたが、リモート・ビューイング(遠隔透視)を中心に書きますね。

僕は、これまで、J.J.ハータック博士のセミナー、マトリックス・エナジェティクスのセミナー、
エハン・デラヴィさんのRV2セミナー、等々、
色々な方々より、リモート・ビューイングのやり方や、その本質を習得して来ましたが、
グレゴリーさんのは、初心者でも、極々、簡単に出来るものでした。

グレゴリーさんから出題された「お題:ターゲット」を
2つの集団のグループに別れて、リモート・ビューイングする事をやりました。

僕が、今回、改めて、感じたのは、
「透視しよう!」と頑張ったり「精度をあげよう!」とかは、しない方が、
実は、リモート・ビューイングは正確に出来る事を、再確認したと云う事です。

ここは、やはり、テクニックと云うより「意識の持ち方」であると、再確認しました。

現に、僕がリモート・ビューイングして、透視した対象は、その時の「お題」では無く、
それとは、別のものでした(笑)。
それは、新しいグレゴリーさんの本にも登場する、彼と直接関係のある、猫型の地球外知的生命体の存在でした。
その地球外知的生命体をリモート・ビューイングした方は、隣の席にも座っていましたし、
会場にも何人か居ました。


これは「意識」にフォーカスし過ぎない方が、対象にアクセスし易いと云う、証の確認でもありました。
「子供の様に、素直に、リラックスして、ニュートラルな状態で居る」と云う事の大切さだと思いました。


グレゴリーさんも
「意識をニュートラルに保つのが大切ですね」
「これからの時代、大先生から皆が一方的に、何かを教わるのでは無く、
自分の「意識」で、色んな事を感じとる事が大切ですね」
「地球と云うこの場所で、色々と、やる事が大切ですね」
「そして、そこにLOVEがある事が大切ですね」

と、云っていたのが、印象的でした。


休憩中には「はい! 千葉さん! お久しぶりです! お元気でしたか?」と、
グレゴリーさんの気さくでフレンドリーなキャラクターは変わっておらず、
僕の事を覚えて下さっており、嬉しく思いました。
 それと、休憩時間とセミナー中に、やたらと、トイレに行きたくなり、
もの凄くデトックスされた様に感じました。

セミナー終了後、
グレゴリーさんの新しい本を購入しサインもして頂きました。
グリア博士の「THE DISCLOSURE PROJECTの日本版DVD」も¥500で購入して来ました。



グレゴリー・サリバンさんの出版記念パーティー
その後、会場近辺のフレンチ・レストランで、25人くらいの人数での、ささやかな、
「グレゴリー・サリバンさんの出版記念パーティー」に参加しました。



色々な、お話しを、食事をしながら、しましたが、

週刊誌にグレゴリーさんがインターヴューされた記事の殆どが、編集によって、
全然、違う記事になっていたと云うお話しも、知りました。

僕が「ヨーロッパにはCSETIやECETIやJCETIの様な研究団体はいないんでしょうか?」と
訊ねると、
「イギリスにはそういう組織がありますね。あと東南アジアにもありますね」と云っていました。

2011年の「CE-5」の合宿の時にも、食事中に質問した記憶でしたが、
所謂「チャネリング」と云われるものの中には、あまり高次元では無い存在にアクセスしているものも、
沢山あると云うお話しも、再度致しました。


色々な、新しい方々との出会いもありました。

是非、このゴールデン・ウィークは、機会のある方は、
映画『SIRIUS:シリウスを観てみて下さいね。

ありがとうございました。


★シリウス 予告編(フルバーション)
スティーブン・グリア博士による、驚愕の内容でしょう!!!
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=CiaGykTL1Cs


★『シリウス』の配信プレイヤー
http://jceti.org/?page_id=1126

★THRIVE3/10日本語
ドキュメンタリー映画「THRIVE」の中でのスティーブン・グリア博士による、
ETIやUFOの部分の内容が含まれています。
http://www.youtube.com/watch?v=K4H9n1SI0rY

★THRIVE のサイト
http://www.thrivemovement.com/


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)、を提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

スポンサーサイト

PageTop

Star Fruits Surf Rider & Hikarie



再び渋谷へ
今週、先週と、渋谷へ行く機会がありました。

 以前の日記でも書いた通り、渋谷の東急東横線の駅が変わる最終日に行きましたが、
先週は、新しい東急東横線の渋谷駅へ降りて、今週は、ヒカリエから降りました。
ヒカリエ自体に入ったのも、初めてですね。
とは、云っても、お店には、入らず、ただ、地下5階の駅から、地上に上って来ただけですが。

 横浜駅に電車が来ると、見慣れない、シルバーに茶色の車体に変わっていました。
埼玉の方から直接来ているので、何か、不思議な感じでした。

 今週は、渋谷からの帰りに、乗りました。
ヒカリエのあった場所は、元は「東急文化会館」と云う、プラネタリウムのあった、旧いビルで、
小学校の頃には、既に記憶としてありました。
2000年頃に、閉鎖されて、プラネタリウムの最終を観損なった記憶です。
何か、渋谷の隙間で、好きな場所でしたね。
 確か、当時、コーネリアスの小山田くんも、「東急文化会館」や「観音崎」「江ノ島モノレール」
みたいな、ちよっと「廃れているけれど、隙間的な場所が好い」的な内容の本を当時出していた記憶でした。
 僕も、そういう「ちょっと、一人寂しく、星の瞬く海辺へ行く!」みたいなイメージとバロック・ミュージックの世界が合体した様なイメージの夢を睡眠中に、たまに見たりしていましたしね。
なので、僕の中では、
「東急文化会館」:「プラネタリウム」:「江ノ島」:「ファンタズマ:FANTASMA」
って云う、イメージでしたかね♫
生まれて初めて海水浴をしたのも、何故か「観音崎」の海岸でしたしね。
ゴジラの滑り台みたいなものが
あった記憶です(記憶がおぼろげだけれど…)。
 デビュー半年前の小山田くんに、1988年に、アルバイトで出会ったのも、渋谷でしたしね。

 「東横のれん街」も、無くなっていましたね。
旧い東横線渋谷駅は、今週に行ったら、ガランとして、不思議な空間になっていましたね。

渋谷も変わりますね。


友人のセッション

 僕の友人のエネルギー・ワーカーで、マトリックス・エナジェティクス仲間の愛野ルミエさんの
オリジナル・ワークの「しんかユニティー」と云うのを「ピン!」と来たので、
先日、受けて来ました。

リコネクションとは縁の深い「アクシオトーナル・ライン」と馴染みが好いと云うので、
受けて来ました。

ルミエさんのセッション・ルームを訪れたのは、2011年の日本初の
「マトリックス・エナジェティクス」のセミナー直後の、最初の練習会の時と、瞑想会の時以来
でしょうか。久し振りに、渋谷の彼女のセッションルームを訪れました。

セッションが始まる前に、ちょいと、お喋りしている段階から、彼女のセッションが始まった
のを体感しました。

その後、ベッドに仰向けに寝て、セッションが始まりました。
工事現場の音が隣でしていましたが、以外と、僕は、気にならない方なので、
直ぐに、リコネクティブ・ヒーリングとは違うけれど、上半身を中心とした
身体の不随意運動が起きました。
身体が、色々と、動いていましたが、「十字架状」のポーズになる時間が長く、
左右に、腕が強く、引っ張られる感じでした。

その内、頭が「ジワっ~」として来て、気持ち好い感じになったり、
途中で、シャカシャカ音がするので「何だろう?」と思いました。

頭や身体に、「アクシオトーナル・ライン的な(!?)」ラインを自動で引く様な動きになり、
動きは、徐々に下半身へ。
僕は、仰向けになると、足が外転する(ガニ股)タイプなのですが、足先から、内側へ内転し、
内股になりました。足自体が、アクセルを踏む動きになったり、足の指も、ぴくぴくと動いてたりと、
下半身が調整されている感じになりました。

最後は、肝臓の辺りを中心に、やはり自動ライン引きをする様な動きになったのでした。

それで、終わって、ディブリーフィングをしていると、
シャカシャカ音がしていたのは、彼女が、セッション中に、
自発スケッチみたいなものを書いていた音だと判明しました。
その絵には「無限大: ∞」の様な、イメージが沢山絵かがれているのと、
色々な、星々がカメラのシャタースピードを遅めにした時に写る
様なイメージで、宇宙の色々な惑星を渡り歩いているイメージであると、彼女は云っていました。

まぁ、僕自体、リコネクション を提供させて頂いているプラクティショナーでもありますし、
「アクシオトーナル・ライン」の元となるユダヤ神秘主義的な「エノクの鍵」や「エジプトのピラミッド」なんかに惹かれているタイプなので、納得の行く、自発スケッチでもありました。
ルミエさん曰く、このセッションのスケッチで「こんなに奇麗なイメージは初めてかもですね」
と云われました(微笑)。

肝臓の辺りを中心に、やはり自動ライン引きをする様な動きの時には「胆のう」と云うイメージ
がしたそうです!
カメレオンのイメージがで出来て、右の耳から入っていって、脳の中をお掃除して、
左から出たとも云っていました。

このセッションは「関係性」について効果があると云うので、これからの「変容」が楽しみです!


その後は、ルミエさんと楽しく雑談していたら、あっと云う間に、20:30(始まったのは16:00、汗)。
僕は、話し出すと、長いからなぁ~(笑)


Star Fruits Surf Rider & Hikarie

 帰りには、ヒカリエに在る、細長くて小さい、ワイン&南欧料理の、立ち飲みビストロみたいな店で、
夕食を食べて来ました。
これが、僕が、ヒカリエで最初に入った店となったわけですね(立ち飲み屋と云う所が僕らしいかな!?)

コーネリアスの「ファンタズマ:FANTASMA」の中の「Star Fruits Surf Rider」って、曲は、
案外、夜のヒカリエのイメージの元型の様な気がするのは、私だけでしょうか!?



★Cornelius - Star fruits surf rider
このアルバムや曲は、2000年前後には、凄く好きで、よく聴いていましたな。
恵比寿のホールへ、コンサートにも行ったっけ。
このアルバムあたりから、世界的評価が高まって来た記憶だったかな。
星のイメージとM△のコードからなる静のイメージと、当時流行っていたリズムの動のイメージの対比が、斬新且つ、今でも、新鮮ですね♪
http://www.youtube.com/watch?v=_s_30x_d5bo


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)、を提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop

イルカの夢



 僕は、睡眠中の夢から、色々な、情報、インスピレーションを貰っています。
そして、その情報やインスピレーションを重用視して、暮らしています。
それは、睡眠中が、一番リラックスしているので、情報として正確だからです。
 何処か太平洋の島で暮らす「セノイ族」と云う人々は、
朝起きたら、村中で自分達の夢をシェアして、その日どうするかを決める、と云うのを、
どこかで、読んだか、聞いたので、
まぁ、そんな事を、僕もやっているわけです(笑)

最近、やたらと、海辺の風景やイルカの夢をよく、見るので、
「なんだろうかなぁ~!?」と思っとりました。

やけに、リアルな夢ばかりで、ちょいと「夢日記」に書けるくらいのものだったりしたので、
起き抜けに、小1時間位で、ストーリーを忘れない様に、書き留めたり、見たヴィジュアルを
軽くスケッチしたりしとりました。

イルカやクジラの夢、海や、波が押し寄せて来る夢(恐い意味での津波じゃ無いよ!)は、
1998年頃より、たまに見るんですが、
凄いエネルギッシュな感じの傾向があって、僕的には、凄い、心地好くってワクワクするんですよ!!


【イルカの集まりに出会う】

それで、何となく、facebookにログ・インしたら、セラピスト仲間の、たっとマンさんと云うセラピストのオーガナイズでの、ワーク・ショップが出で来て、どこかで、見た事のある女性の方との、イルカに関係したセミナーだったので、即、申し込みました!

それで、サイトを覗いてみると、何か、イルカと泳ぐ方らしい。
後、アメリカの4年制のヒーリング・スクールを出ているみたいだ。
くらいの情報で、PDFの卒業論文を読んで「ほう!」と思って、直感的に、
参加して来ました。


【いざ鎌倉へ】

それで4/7(SUN)日に、そのワーク・ショップへと参加する為に、
鎌倉駅へ向かう。ところが、バスを1本逃したのと、前日の暴風雨の為の
横須賀線のダイヤの乱れによる遅れなどで、
駅からのお散歩には、参加出来なく、TAXIで会場へ向かう始末(笑)。
実は、地図で見ると、家から、真南にある場所で、直線で、もし平地で行けば、
恐らく、徒歩、約30~40分で辿りつけそうなんですが、山を幾つか越えていかねばならないので、
電車で迂回しました(笑)


【イルカのお話しと、タッピング、デトックス】
やっと、会場へ辿り着く。
本当に、鎌倉の山のどん詰まりに、素敵なお家が建っていました。
「ほう、ここが、会場ね!」と、
到着して、直ぐに、とても、美味しそうな、お弁当が出て来ましたので、まづは腹ごしらえ!

えーっと、セミナーの名前は
野崎友璃香のワクワク☆イルカセミナー☆スプリングスプラッシュ ~春の特別企画:お花見とランチ、EFTタッピング講座付き~』と長いタイトルで、色々と、盛り沢山のものでした。


参加者は、男性は僕ともう1人中年の方で、後は、女性の方々で、20人くらいでしたでしょうか。

ハワイ在住の友璃香さんのイルカと泳ぐ映像を観ながら、お話しを聞く!

実は、僕は、大して泳げなく、平泳ぎか、のしで、いいとこ、25mくらいしか泳げない(笑)
クロール(息継ぎ無し)で、25mって云うのも、ありましたが(笑)
でも、映像を観ていると、海が明るくて、恐く無いので、やれば出来るかもと、
勝ってに、思っています。
 まぁ、中学1年の頃、宮崎県の猿の居る島の海岸で、泳いだ時には、
「海って、こんなにも奇麗で、平和な面もあるんだなぁ~」と、感動した経験もありました。

実は、僕は、ハワイって、全く行った事が無いんです!
日本人って、お正月に、皆さん、ハワイに、よく行くでしょう?
僕、全然、そういう、所謂、観光地的な事に興味が、無くって「オワフ島」「ハワイ島」とか云われても、地図を見ないと、何処にあるのかさえ、さっぱり解らないレベルなんです(笑)

でも、ハワイの音楽とかは、たまに聴きます!
ギターを弾いているんで、ウクレレも何となくは、弾けるかな(笑)
1979年の中学1年の頃、カマサミ・コングって云うHawaiiの「K I K I(93.9MHz)」って云う、
FMラジオ局のDJの人のレコードを、当時持っていて、その中の波の音なんかを聴いて
「好いなぁ~」とは、思っていたのを思い出しました。
その後、何か「俗っぼいトロピカル・イメージ!?」と云うか、
変な「色」が、1980年代に、着いちゃったのを感じ、敬遠していて、
それ以来、あんまり、縁が無かった。
15年くらい前には、葉山で、たまに、ボディー・ボードやシー・カヤックなんぞも、やっていたのを、そう云えば、思い出しましたっけ。いいとこ、葉山の海の家で、ロコモコ丼とか食べている程度でした(笑)


一番、面白かったのは、イルカの生体のお話でしたね。
特に「イルカは、E.T.I. : 地球外知的生命体(宇宙人)の地球に居る1種ですね」と云うお話しでした。
僕も「それは、確かに、そうかもなぁ~!」と感じました。

そう云えば、1990年代初頭の頃に、アイソレーション・タンクで有名な、
ジョン・C・リリー博士と云う人が、
イルカは、テレパシーで交信するなど、YMOの細野晴臣さん経由で、
本で読んでもいたのを思い出しましたし、
10年くらい前に「DOLPHINS:ドルフィンズ」と云うアイマックス・シアターと云う、
立体的映画(!?)か何かの、チラシやパンフレットをデザインしたのを、今、思い出しましたっけ。


友璃香さん自体が、広告のお仕事で、疲弊して、ハワイへ移住して、
イルカやハワイ(文明化される前の)の色んなもので、心身共に元気になったと云う、
お話しは、僕も、広告デザインの仕事なんかで、身体を壊してこちらの世界へ入って来たクチなので、よく解るお話しでした。

「人間は、一人では、生きていけない! 共存する事の中にこそ、幸せも、健康も在る」
と云うお話しは、染み入るお話しでしたね。


それで、お休みを挟んで、こんどはタッピングと云うのを体験!
EFT(感情解放テクニック)と云う、頭や顔や身体をタッピングする事で、
恐怖感・苦手意識なんかを克服すると云うのを、やりました。
名前は、どこかで、聞いていましたが、やってみるのは、今回が初めてでしたね。
これは、ちょっと、練習中ですかね。




デトックス(毒出し)のお話しも、結構、面白かったです!
デトックスって、女性の方を中心に流行っているのは知っていますが、
僕自身は、普段、あんまり、デトックスって云う程の事もやっていないですし、
食事も、何でも食べる雑食系(鳥類以外はね、笑)!
特に、自然(オーガニック)食品のみを摂取しているわけでも無く、
自分の身体に訊いて、必要なものを、必要な時に、摂取しているくらいです。
後は、お風呂に長く入るとか、自然のある場所を散歩するくらいですかね。
でも、本質的な部分の事も書いてあったので、本を1册買って来まして、先程、読み終えました
(サインもして頂き、ありがとうこざいました!)。


【再び鎌倉駅へ、シンクロニシティー】

セミナーも終わり、外へ出ると、陽が暮れて、肌寒い。
もう一人のセミナー参加者の男性の車で、駅迄送って頂き(ありがとうこざいました!)、
4人の女性の方と駅でお別れして、帰ろうかなとも思いましたが、
セミナーで、知り合った女性セラピストの方と食事をしようと、云う事になりました。
一回、家に帰ってから、行きつけのお店で、食事をしようとなり、
その間、鎌倉駅の周辺をウロウロする。

すると、江の電の駅前で、バッタリ、セラピスト仲間の男性に出会う!!
「あれ、千葉さん! 何してるの?」と彼。
「えっ、○○ちゃんこそ、何んで、ここに居るの?」と、僕。

シンクロニシティー(共時性)が働いているのを感じました(微笑)。

「まぁ、流れに、乗っちゃえ~!」と、
その友人に連れていって貰って、絶対に連れられて来なければ、行かないだろうな的な、
酒屋さんの裏手にある、狭い立ち飲み屋さんで、一杯やって、時間が潰れたと云う訳です(微笑)。


トイレに行きたくなったので、トイレに入ると、すんごく小さいんだけれど、
大の苦手の蜘蛛が居るでは無いか(ひぇーーー、油汗)。
それで、習ったばかりの「タッピング」をやってみる。
すると、不思議と、恐怖感が薄らいで行くのでした!

それで、上手く、時間も潰れ、先ほどの女性のセラピストさんと、その友人の方と食事をして、
帰宅したと云う訳です。

(恐るべし、宇宙!!!)

★YMO DOLPHINICITY
イルカと云えば、この曲かなぁ。細野さんのアンビエントの割とPOPな名曲♪
このLIVEを観に行ったのも、もう20年前になるのか!!
http://www.youtube.com/watch?v=R3uNIBANZsM

★John C. Lilly / ECCO - Dolphin Voice
イルカの声が聴けます!
http://www.youtube.com/watch?v=nogtJ0X1FVc

(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop

パラレル・ユニヴァース・アプローチ, & ユニヴァーサル・カウンセリング体験談

昨日から今日は、爆弾低気圧で、こちら関東地方は、
只今、暴風雨中です。
でも、こうやって、段々と、本格的に春になって来ているのを感じています。
昨日は、チューリッブが咲いているのを発見しました。



「パラレル・ユニヴァース・アプローチ, 」と「ユニヴァーサル・カウンセリング」との併用の体験談
を頂きました!!!

お客様が、元気になられると、私も元気を頂けますね!
大変、ありがたい事です!!

★お客様の体験談は、ご本人の許可・承諾を受けて、掲載させて頂いております。


★『私はここ数年、人生が何か淀んでいるというか、流れが止まっている感じがあり、悶々としていました。

その一番の原因というか、重い荷物として感じていたのが、大学院の論文を書くことでした。

大学院に入学したものの、途中、目的を見失ってしまい、やる気も起きず、休学を重ねていました。

とうとう休学もとることができない状態で、退学の決心もつかずに、重い気持ちのまま復学しました。

復学したものの、案の定、論文は進まず。パソコンを前にしても、眠気が襲うばかりでした(笑)。

そんな状況をどうにかしたくて、千葉さんのセッションとパラレル・ユニヴァース・アプローチ, を受けました。

千葉さんのセッションは、自由な雰囲気で、寝転がったり、飲み物飲んだり、雑談したりと、
とても自由な雰囲気で進みました。

そう、セッションを受けているというより、友人とゆったり話す雰囲気で、とても楽しいものでした。
その会話の中で、不思議と気づきがおこるのです。

一番の気づきは、私が、論文を形というか、論文の既成概念にとらわれていて、完璧に仕上げなければならないという思い込みをもっていることでした。

その思い込みが、自由に表現したいという純粋動悸を抑え込んでいることに気付いたのです。

その気づきをもとに、千葉さんから具体的に、発想の転換をアドバイスしてもらいました。
書きたくないときは、無理して書かない。散歩したり、好きなことをしていいこと。
自分が書きたい分野と全く違った分野の文献や情報にも目を向けることなどです。

書きたくないときに書かないでよいという、ことを自分に許していなかったことにも気づき、そのことを許しただけでもとても楽になっていきました。

そして、論文や大学院ということにあまりにも過剰反応している自分にも気づきました。

書かなくても、かけなくても、何も悪いことは起こらないと思えました。

すると、逆に、一行でも書いてみるかな。表紙だけでも書いてみるかなみたいな気持ちになって、少しずつ書いていると、逆に書きたいことが降ってくるような感じで、必要な文献にヒットするようにもなりました。

そして、第一段階の論文提出をすることができたのです。

ほっとしたのですが、今度は審査の段階で、審査の教授から、かなりきついアドバイスを受けて凹んでしまいました。そして、また千葉さんのセッションを受けたところ、またもや、自分が教授の指導を全面的に丸呑みしてしまっていることに気づきました。相手の言葉に全部応えなければならないと思っている自分に気づいたのです。教授のアドバイスで採用する部分は採用して、採用したくなければそれでよいということを千葉さんが気づかせてくれました。

そして、最終的に審査も無事通り、なんと卒業時には、成績優秀者として表彰されたのです。

退学しようと思いつめていたのに驚きでした!!
パラレル・ユニヴァース・アプローチ, で、自分が心地良い世界を選択していくということを気づかせてもらい、
体感的には、とても心地良く、ワクワクしました♪ 
自分がいかに、沢山ある世界から、自らすすんで苦しい世界を選んでいたか!(笑)

このことを通して、自分の心地よさよりも、周りに過剰反応して、完璧に答えなければならない自分がいることに気づきました。自分が心地良い選択をすること、楽しい選択をすることを許可していない自分に気づかせてくれました。

自分が楽になる選択=自分がワクワクしながら論文を仕上げて卒業するという世界を選択して、仕上げた論文が、結果的に成績優秀として評価された。自分でも驚きのうれしい結果ですが、これは人生に置き換えても言えるんじゃないかなとセッションを終えて感じています。自分が楽しく、心地良い選択をしていけば、自分が思い描く楽しい未来が、未来のほうからやってきてくれるって!!努力と根性は不要だということです♪♪

今までは、努力して、学習するという経験をしてきましたが、もう満足しました。その経験は卒業だと感じてます。これからは、楽しく、LOVEの道にシフトするつもりです♪

千葉さん、本当にありがとうございました。また、これからもよろしくお願いします。 』


【長崎県在住、女性、看護師、マーヤ様】

★Intensive Love Course / 大村憲司
(何故か春になると、聴きたくなる曲です♪)
http://www.youtube.com/watch?v=7sWVylpTZXc


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop

浅草を味わう



いよいよ、4月に突入しましたね。
今日は「四月バカ」「April Fool」「Poisson D'avril(仏)」ですね。
桜は満開の関東地方ですが「花冷え」で、春本番までは、もう一息と云う感じでしょうか。


浅草へ
3/29日には、1年振りに浅草へ行って参りました。
私のセラピスト仲間の、玄花(ヒョンファ)さんと云うセラピストの企画での
お花見&観光でした。

男女会わせて、数名で参加して来ました。

「花曇り」な天候でしたが、色々と、楽しかったです。

そう云えば、玄花さんと初めてお会いしたのも、昨年の1月の浅草でしたから、
もう1年強のお付き合いになりますね。

僕が、リコネクションなど、割と西欧的な(!?)セラピーを提供しているのに比べ、
彼女は、陰陽五行、四柱推命、道教的な事、等、東洋的なセラピーや占いを得意としています。

なので、
浅草寺の天井の「天女」を、外人さんのツアー・コンダクターの人が、
「これはエンジェルです」と説明しているのを、私が耳にして「エンジェルって云うみたいだよ」
と云うと、彼女は「今日は"和"で行こう!」と云われる始末(笑)


しかし、曇っているとは云え、桜は満開で、今年は「お花見」が出来ました!

「花屋敷」のそばに、
「ヒーラー養成講座認定店」と云う垂れ幕のかかった、怪しい店を発見!!
奥には、キンキラきんの大黒様が鎮座していて、怪しさ倍増(笑)!




煮込み〜神谷バー
皆さんで、レストランで、お昼を食べて、別れた後、
友人の男性と「浅草観光センター」なる建物へ入り、8Fへ。
「こんな建物去年あったけぇ〜?」と中へ入る。
えらい、絶景で、東京スカイツリーや、隅田川、仲店通りなんかが、一望出来る!
「ほう、こんな観え方もあるんだなぁ〜」と面白がって来ました。



「昼から、一杯やりますかぁ〜!」となり、
浅草六区周辺で「煮込みとホッピー」でカンパ〜イ!!
昼呑みしてましたぁ〜(笑)

かつて、ビートたけしさん何かが、下積み時代に通っていた店など、
「煮込み屋」がずらりと並んでいる。
ちょっと、客引きがウルサくて、引いてしまう方は、引いてしまうが、
直感を頼りに、と或る店に入る。

初めて知ったのですが「黒ホッピー」なるものも初めて、試す。
黒ビールやスタウトとも違う。
「何〜んだ、ホッピーって、一番シンプルなノンカロリー・ビールみたいなものじゃん!」
と感じる。
まぁ、これを「焼酎」で割って飲むんですが、
1本のホッピーで、焼酎を数杯お代わりする「強者」もいるらしいと、
店の女将さんが、教えてくれました。
最近は、スーパーなんぞで「煮込み」を売っていたりしますが、
やはり、本場の「煮込み」は格別!!
「ホッピー」との相性も抜群!!


しかし、寒くなって来たので、露天で飲むのは、ちと寒過ぎて、
その後「神谷バー」へ移る。
もう、十年以上振りくらいである。
「デンキ・ブラン」「電気ブラン〈オールド〉」と2種類あるのとは、知らなかった。
両方頼んで、飲み比べてみる。
どちらも、ビリビリと舌にシビレル味わい、は変わらないが、辛口なのは、
「電気ブラン〈オールド〉」の方だったかな!?



味わうと云う事
色々と、知らない事、未知な物事、を経験・体験するのが、
やはり、一番、面白いし、ワクワクしますよね
(経験する前は、恐さもあるでしょうが)。

我々人間は、3次元のこの地球に、色々な体験をしに来る為に生まれて来たくて、居るので、
どんどん、未知なるものを味わいましょう!

「行った事の無い場所へ行き、会った事の無い人と会い、食べた事の無いものを食べ、
やった事の無い事を経験する」

そうすると、狭い自分の世界と云うものが認識でき、
もっと、広い視野で物事が観えてくることでしょう!

私も、イギリスに半年居た事があり、楽しい事も、苦しい事も両方ありましたが、
ああいう体験が、あったから、色んな事に気づけたし、成長出来たのだと、今では思っています。

人生は「急がば廻れ!」ですね。
無駄な事なんか、1つとして無いんでしょうからね。
せっかく、生まれて来たのだから、じっくり、人生を味わいましょう!!!

観光と云う事
「観光」と云うと、「観光地へ行く事」と殆どの方が思っていると思いますが、
「観光」とは「光を観に行く」こと、なんですね!!!

まぁ、所謂、今で云うところの「パワー・スポット巡り」なんかも、同義ではあるでしょう。

これは、つまり、実際に、行った事の無い場所へ触れてみて、
そこの「光: 波動」を感じに行くと云う事なんですね。
昔の人が「お伊勢参り」に行ったり、「巡礼の旅」をしたり、と云うのが「観光」の元なんですね。

YMOの細野晴臣さんが、昔、中沢新一さんと、共著で「」と云う本を出していて、
高校生の頃に、僕も読んでみたりしました。

でも、実際に、そこへ行ってみるのと、本を読んでみるのとは、全然、違いますよね。
「観光」の本質は「実体験」にあると云う訳ですね。

これも「体験・経験」と云うお話しと繋がりますね。

我々、人間は、この地球に「観光」に来ている様なものなんでしょうね(笑)



今日は「四月ばか」なので、この曲をどうぞ!
★POISSON D'AVRIL -四月の魚- / 高橋幸宏
http://www.youtube.com/watch?v=knojf1neSwc

★The April Fools - Yukihiro Takahashi
http://youtu.be/lxENcfpPqBo

(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。