FC2ブログ

We Let The Light Go!

リコネクション, リコネクティブ・ヒーリング, BTTUセッション(オリジナル・セッション)等の量子的「変容・進化」を提供しております「ユニヴァース・ハンズ」の日常を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人と違う事をやる! めんたいロックの肖像

なんか、お盆休みに、入っている方は、今日から、入っているでしょうか?
僕は、お正月とか、お盆休みとかは、
お勤め人では、無いので、あんまり、関係無いんですが、
皆様は、お盆休みに入られている方も多いかと存じます。

なので、だらだらと、徒然なるままに、書きます(笑)
=============================



昨日、何か、と或る、流れで、
高校生の頃に、ヘッドフォン・ステレオで、
よく聴いていた、博多のバンドで「ルースターズ:ROOSTERS」と云う、
めんたいロック」と云われた、博多の当時のロックの潮流の中に居たバンドの情報に出会いまして、
懐かしくも、30年振りに、YouTubeで、その音楽を聴いてました。

古臭い感じがしなくって、ちょっと、びっくりしましたけど。
更に、結構、東京スカパラダイス・オーケストラとか、ミッシェルガンエレファントとか、スーパーカーとかに、
影響を与えた、と云うのも、初めて知りました。
2004年に再結成してたのも、全然、知らなかったですしね。

僕は、1981年ころ位に、初めて聴いたのかな。
C.M.C」とか「DIS.」とか「Φ(ファイ)」って云う、アルバムを、よく聴いてましたね。

博多の「めんたいロック」って、
皆さんが知ってるのは、俳優の陣内孝則さんの居た「ロッカーズ」とか、
やはり、俳優の石橋 稜さんの居た「ARB」とか、
鮎川 誠さんが今でもやっている「シーナ&ロケット」とか、「ザ・モッズ」とか、
色々と、居ましたが、「シーナ&ロケット」はYMOが関係してたので、割と、好く聴いてました。
それとは、別に、僕は、何か「ルースターズ」には、親近感がありましたね。




大江慎也さんて云うヴォーカルの方と、花田裕之さんと云うギターの方が創る曲が、
好きで、かなりのヘヴィー・ローテーションで聴いていたのを思い出しましたね。

大江さんは、1984年頃には、神経をすり減らして、具合が悪くなってバンドを脱退した記憶でした。
鬼気迫る感じのヴォーカルは、音程が安定して居ないんですが、それが凄く好かった!
鮎川さんと同じく、彼は、凄くピュアな人なんだと、思うんですよ、僕は。
現代は、テクニック的に、歌の上手い人は、沢山居ますが、ああいう感じの個性は、見当たりませんね。
テクニックを超越したところでの好さとか、味わい!」って云うものに目覚めた1つの基本形(元型)でしょうか?

池畑潤二さんと云うドラムの方なんかは、
凄く、速い8ビート(グルーブがうねっている)を叩き出す、所謂その後、
雨後のタケノコの如く、沢山出て来る、ビート・バンドの類いの
元型」を作った様な気も、今思うと、しますね。

でも、もの凄く売れた!って云う印象も無いですけれども。
別に、POPなメロディーだと思うし、曲の構造も、割と、確りしていますしね。
コード感が、ちょっと、変わっていましたけれど。
まぁ、ミュージシャンズ・ミュージシャンのタイプでしょうか?

何か、博多とか北九州のバンドの人達って、独特で、
東京に媚びない感じが、僕は凄い好きなんです。
イギリスで云うと、リバプールとかマンチェスターみたいな感じでしょうか。
かと云って、過剰に、対抗意識を持つ訳でも無く「在り方」がユニークで面白いと思います。
「訛り」とかも、あんまり直さないで、そのままだったり、卑屈な感じが無いと云いますか。
自然体ですね。


東京生まれ、東京育ちの僕が云うのも、変ですが、
逆に、それが、カッコいいと、思ったりしましたね。
東京を目指せ!って感じが弱いって云うか
そんなストレートな感じは、音楽にも、よく反映されて居て、
ビートやグルーブや、コード進行やメロディーが、シャープって云うか、
東京の人間には、出せないソリッドさがありますね。
関東は、もこもこした感じ(笑)があると云うか、バーン!って感じが弱いと云いますか。

僕、母方の家系は、皆、九州出身なので、割と、サバサバした、そういう感じは、好く解理ますね。
本州みたいに、ウェット過ぎない!
気候も暖かいから、ビビッドな感じと云うか。

後、「人と違う事をやろう!」って感じのバンドが多い。
あまり、日本的じゃ無いですよね。そういうのって。
皆と同じが良い!」みたいなのとは、ちょっと違う。
福岡・北九州のバンドの音を聴くと、そういう血が騒ぐと云いますか。
あっ、別に、協調性が無くって、ひねくれている訳では無くって(笑)
深い所で、DNAが騒ぐと云いますか

ルースターズ」は、初期は、僕は、音楽性は、それほど、ひっかからなかったけれど、
ノリ」や「勢い」が凄い感じでしたね。
何か「技巧を越えている」感じでした。
そういう時代でしたしね。
1980年前後って、何でもありの、凄い自由な気風な時代でしたしね
中期頃から、全然、違う方向に行って、同じ事を繰り返さない所も、
割と、飽きっぽい性格の僕には、合っていたんでしょうね。
でも、大江さんが抜けてから、聴かなくなっちゃったのは、確かです。

Appleコンピュータのスティーブ・ジョブスも、云ってましたよね。
Think Different!」って。


THE ROOSTERZ●I'M SWAYN' IN THE AIR
http://www.youtube.com/watch?v=yAemYXIL1rg

The Roosters - Case Of Insanity (1981 Live)
http://www.youtube.com/watch?v=0oxu5VW9QEI

The Roosters ルースターズ Venus
http://www.youtube.com/watch?v=Vl6E8tyMiYg

大江慎也 ドキュメント ~ROOSTERS結成秘話~
http://www.youtube.com/watch?v=qX9du6IIUuI


日本のロック史 - 鮎川誠
http://www.youtube.com/watch?v=dvo3A88-SkQ

シーナ&ロケッツ 30周年ライブ(ゲスト 細野晴臣 高橋幸
http://www.youtube.com/watch?v=EQUlGg-AryQ


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

スポンサーサイト

PageTop

BE THE VOICE ビーチライブ2013

いよいよ8月に入り、暑くなって来ましたね。

皆様、如何おすごしでしょうか?
最近、ちょいと、夏バテでしょうか、
ブログの更新がちょっと、遅れております(汗)。
======================


BE THE VOICE ビーチライブ2013】 
先週末は、多摩美の頃からの友人(和田純子鈴木俊治)の、男女音楽ユニット
BE THE VOICE」の海LIVEに行って来ました!

たぶん、2011の日記にも、彼らの事は、書いているのですが、
2年振りの海辺のライブで、久し振りでした!

以前も、確か「逗子海岸」だったと思いますが、今回も「逗子海岸」の
Yukuido」って云う、今風の海の家でのLIVEでした。

えっ、逗子海岸って、こんなに芋を洗う程、込んでいたっけ??」と、
ちょいと、気後れする程、人が多くて、びっくりでした。

彼らの「海辺のライブ」は、2002年頃~、葉山の「Blue Moon(今風の海の家の走り)」
の頃から、たまに、行っていたので、多分、5回目くらいですかね。

何も、食べないで、家を出て、海岸に到着したので、道を聞くついでに、何か飲み物を買おうと、
探していたら、春頃に、近所のスーパーで、よく売っていた、
ヴァカルディーの「モヒート」の看板がやたら、目立つ!ので、モヒートを1瓶買って、
海岸を右往左往しつつ、やっとこさ、目的の海の家に辿り着く!
よって、BBQ参加のはずが、遅刻で、丁度、BBQが終わった頃に到着(笑)

それで、ロコモコ丼を、パラソルのテーブルで、食べていると、
何故か、スパイダー・マンのコスプレをした方が、
ウロウロしている(笑)

程なくして、第1部のライブが始まった。
相変わらず、まったりとした、気持ちの好い音楽。
海辺のライブは、やっぱり、好いですね。

そんで、楽屋へ行って、2人に「久し振り~!」と、挨拶をしに行く。
ミキサーの方なんかと、機材の話をしたり、2人と、世間話しをして、
第2部が始まる。

和田純子ちゃんの「社会派トーク」も入り、第1部とは、
ちょっと、違うトーンのLIVEで、盛り上がりました♬

鈴木俊治くんと、機材の話しやなんかをしつつ、海の家を後にして、
家路に着いたのでした。


BE THE VOICE」って云うユニットは、
和田純子、鈴木俊治の2人より成り、
1998年に、当時の、高橋幸宏(YMOのドラムの方)さんのレーベルであった、
今は亡き、コンシピオ・レーベル(高橋さんサイドとファッション・デザイナーの山本耀司と共同設立)からインディー・デビューしました。

今年は、15周年記念と云う事になり、3年前に、子供も生まれ、
九州に引っ越した様なので、久し振りに会いました。

BE THE VOICE」って、云うユニット名も、
高橋幸宏さんより、直々に命名されました。
去年の「高橋幸宏さんの60th Anniversary 還暦LIVE」で、
冒頭の曲「世界中がアイ・ラブ・ユー」では、高橋さんとデュエットを、
和田純子がしてました。

7月にリリースされた、新しい高橋幸宏さんのNew Album 『LIFE ANEW』の曲を演る、
全国ツアー「高橋幸宏 with In Phase Live Tour 2013」のメンバーとして、
スマッシィング・パンプキンズ(通称:スマパン)のメンバーのJames Iha:ジェームス・イハーと共に、
鈴木俊治もギターで、参加が、決まったと、俊治くんより、直接、聞きました!

何か、掃除をしていたら、彼らの資料が、沢山出て来ました(物持ち好いからね、僕、笑)

彼らの一番最初のLPには、僕の名前も、アドバイザーか何かで、クレジットされています(笑)
ジャケットの中写真は、その後、ブレイクする直前の蜷川実花(やはり、多摩美で同窓生)

BE THE VOICE official web site
http://bethevoice.com

高橋幸宏 with In Phase Live Tour 2013
ドラム&ヴォーカル:高橋幸宏、ギター:James Iha、ベース:高桑圭(Curly Giraffe)、キーボード:堀江博久、ユーフォニウム:ゴンドウトモヒコ、ギター:鈴木俊治
http://www.room66plus.com/?eid=245

海ライブ(BE THE VOICE)
当日の「海辺のLIVE」の映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=h6eDpTY9Oso

高橋幸宏- All That We Know
New Album 『LIFE ANEW』の中の1曲
http://www.youtube.com/watch?v=-LpF6TgCjKM

皆さんも、是非、是非、
BE THE VOICEのライブや、
9月の幸宏さんのライブに足を運んで下さいね!


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop

こころとからだと物理学 in 東京

もう8月に入ってしまいましたね。
近所の公園で、急に、暑くなりセミの鳴き声がし始めました。
皆様、如何おすごしでしょうか?
最近、ちょいと、夏バテでしょうか、
FC2ブログの更新がちょっと、遅れております(汗)。
======================



友人の個展に行きました】 
先々週末には、用事で土日は東京へ行っていました。
まづは、田端へ美大時代からの友人の個展のレセプションへ久し振りに行って来ました。
僕は、田端と云うのは、実は、初めて降りました。
北区って云うと、赤羽とか十条とか、ゴチャゴチャした、イメージがありましたが、
中々、閑静な住宅地&庶民的な商店街で、気に入りました。

駅から15分位のところへ歩いて、ギャラリーへ。
もう5年振りくらいに会う友人の個展は、何か、1つ突き抜けているのを作品から感じました!
ギャラリーで、インスタントにイギリス人の方にインスタントにヒーリングをしました。
先週一週間程、鼻炎で頭が重かったり、痛かったりで、あんまり調子が好く無かったんですが、
ヒーリングをしてあげたら、何故か、自分の症状が急に軽くなって、調子がたちまち、好くなりました。
他人を癒し、自分を癒す」と云うリコネクションの哲学を、久し振りに体感しました。



KAZMO solo exhibition
POODLE PERM  vol.1
2013年7月18日(木)~ 8月5日(月)
@田端WISH LESS
http://wish-less.com/kazmo-poodle-perm-vol1/

涼しい東京
それで、田端を後にして、神田へ向かう。
ホテルへチェックインし、ヘルギー・ビールのレストランで遅い昼食を採る。
都心なのに、先週とは、うって変わって、やけに、涼しくて、料理も、ニシンの酸浸け(大好物)、
お任せで、シーフードのパスタを注文!
ビールは「セゾン・カズー」と云うのが、これが、久々の大当たり!!!
森の様な香りのするエール・ビール」で、エラく、気に入りました。
喉越しで飲む様な日本のラガー・ビールには興味が、あまり無く、僕の場合、
香り」が重要!



翌日は、12:00にレイト・チェックアウトして、都心をうろつくも、何処も、店が
空いていない。
涼しい、都心を歩いていると、スターバックスを発見!
恐らく、ウィーク・デーは混雑しているのでしょうが、まるで、時間が止まったかの様に、
ゆったり、のんびりと、時間が流れる中、コーヒーとサンドウィッチで、食事をする。



こころとからだと物理学 in 東京


まぁ、これに出席する為に、東京に来た訳です。
柊木 匠さんと云う、物理学者(九州大学で、素粒子・原子物理学の博士号をお持ち)で、
幼少の頃から、不思議な体験をしていると云う、
変わった経歴をお持ちの方のセミナーでした。

2011年の秋に、出版されたばかりの時に、どこぞの書店で、直感的に買った本で、
不思議で曖昧な事を、物理学で、説明してある、一番易しい本でだと思います。
僕のセラピーやヒーリングの説明にも多いに役に立っています。
その方のセミナーが今年に入って2回程、あったのですが、何故か、タイミングが合わず、
やっとこさ、3回目で、お会い出来ました。

まぁ、僕は、これまで、幾つかのセミナー、ワーク・ショップで
「量子物理学」「相対性理論」「宇宙論」は、既に、学習済みでしたが、
物理学」と「心理学」と「脳科学」との関係性を非常に、上手く説明されているのは、
恐らく、他には無いセミナーで、しかも5千円とリーズナブル!
特に、「心理学」は、その手の学校で体系的に、学んだ訳でも無く独学だったのが、
心理学の限界」も含めて、「心理学的に」自分の抜けている部分も補完出来、
ダイジェスティブに理解出来て、好かったです!!
最近「脳科学者」が何人か、居ますし「脳ブーム」ですが、
僕としては「脳だけで、総てを説明するのは、無理がある」と直感的に感じていましたので、その辺りの事も、納得出来ました。
(そういう意味では、3回目で、バッチリなタイミングでした! これも宇宙の粋な計らいと感謝しております)


先生に、本にサインをして頂き、大手健康商品との開発中の商品の現物を見ながら、
そのお話しを聞く。
なんと、お肌の正常な状態の周波数(Hz)を転写した化粧水だそうです(未発売)。


柊木先生とお茶のはしご
セミナーも終わり、8名くらいの方々と、柊木先生を囲んで、
お茶をして来ました。
何か、神田のガード下にある、昔からやっている「喫茶店」と云った趣。
プランク長」についてや「パラレル・ワールド」なんかについて、質問して来ました。
更に「サンマルク・カフェ」で、お茶のはしごでした。

柊木 匠(公式ホームページ)
http://www.hiiragi-takumi.com/
 
 
 
★理論物理学者 リサ・ランドール博士来日インタビュー.flv
これは、2009年にTVで観ていましたし、「異次元は存在する」「ワープする宇宙」と云う本も、面白いです!!!
http://www.youtube.com/watch?v=arKlj3pJQnc

★ジル・ボルト・テイラー「脳卒中体験を語る」1/2
これも、2008年頃に、TVで観ていましたね。本も興味深いです。
脳科学者が、自身の脳卒中体験を通して、不思議体験をした話です。
http://www.youtube.com/watch?v=ldSoKfFYKqM


(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

感謝!

★★★★★★★★★★★★★★★

リコネクション(R) 、リコネクティブ・ヒーリング(R)を、提供させて頂いております
ユニヴァース・ハンズです。

【臨時サイト】
http://velremedies333.jimdo.com/
【公式サイト】
ユニヴァース・ハンズ公式サイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。